北欧の、スエ―デン

北欧の、スエ―デンでは一年中に何度もお茶(フィーカ)の時間を持ちます。 スカ(ska)フィーカ(fika)?「お茶打ち切る?」 お茶を呑みながら対談を楽しむという、相当うらやましい定例だ。 サロンの友人といった社で、身の回りといった喫茶店や公園で、身寄りとリビングで。 北欧ではコーヒーの使用嵩が多いそうです。 そんな、フィーカの折に使いたいテーブルを発見しました。 <グラニュート> このお店はスエ―デンのベーシックシンプルな内装サロン お洒落な組合せの人々の集うお店だ。ここで見つけたおススメ家財だ。 ダイニング4箇条セットエルジーオー      42,900¥~45,900¥ ホワイト、普通、ダークブラウンの3つのお色合いがあります。 テーブル一環、椅子2脚、ダッグアウト1脚のセッティング。 ラウンドジャンルのテーブルだ。ふちにも丸みをつけてあります。ピリオド板は斜めに切ってあります。脚も丸脚でちっちゃなお子さんにも心配りがあります。 曲線そばは人類が集うにも程よく隔たりがあって対談も弾む製品。数が増えれば椅子を足すだけで有効 大勢が集まるフィーカも、こんなラウンドテーブルを取り入れたらどうでしょうか。 お気に入りのテーブルクロスやナプキン、お花などをセットします。 数が多いときは七数々の焼き菓子を用意するのが定例だそうです。 クーキー、パンスイーツのプチ セムラ、人類ジャンルクッキーのペッパーカーコル、ジャムがうまいスニッタのクッキー………色とりどりのカップやお皿が並んだテーブルは夏季を想わせます。 日本の雑貨屋ちゃんも、北欧雑貨のとりわけテーブル近くに素敵なものがいくらでも買えるのに納得です!!

近代ドラフトの生みの親

英荷物といったら、外せないのが、近代企画の始祖。 ウイリアム・モリス(1834時世~1896時世) 芸術家であり、デザイナーもであり。詩人でもありました。 業界レボリューション後々は、機器による大量生産の時代が到来しました。 それは職人陣にとりまして逆境の時代でした。 この時代の流れに逆らってモリスは、手仕事の重要性を深く主張しました。 草花や樹木を主題にした生地や壁紙は現在でも魅力的で褪せていません。 モリスが記した企画から沢山のコレクトが生まれました。 それは、ナショナリズムへ英年齢の美しさを送付し続けてある。 有名で私も大好きな主題に『いちご泥棒』があります。小鳥がいちごを食べようとしている長閑な中にも、洗練された企画だ。 いちごを育てようといった苦心していた農夫が、食いしん坊の鳥たちにいちごを食べられて困って耐える、という日常の人生の中から感覚を得てできた作だ。 これらは手仕事から現れる自然に根差した美しさだ。 英アンティーク荷物は、壊れた時は修理しやすいようにかつてできてある。 無論、椅子のバッファパートなども張り替て使います。 モリスの生地で張り替えるのを嗜む方々がなんだか多いです。英だけでなく世界中で。 いちご泥棒の生地にもたれて座って紅茶をいただいたら言う現象ないでしょうね。 『愛らしいというおもわないものを在宅においてはならない』モリスのうたい文句だ。 うううう、そんなこといわれても………

良質な輸入家財道具

良質な輸入家具に興味のある人間なら、競売に参加したいというハズ。 も、はじめてだったら、どこから始めたらいいのか可愛らしく解らない。不安もたくさんですね。 そんな場合には、輸入代理サービスを行なう地が国内にあります。 お客様に代わって競売に参加し入札してくれます。ここでは、海外でスタートの日本では会得が難しい作品などをやり遂げるものです。 一層第一段として、家具の度合を裏付け。木の部位やマーキングの有無から細部まで。これを報告にしたカタチって、詳細なフィルムを併せて、お客様に案内してもらえる。その次に、打ち合わせをして料金を選考。 そうして、ようやく競売列席だ。現場で直接入札講じる。現場のテレフォンアドバイザーを通して入札する。 ネット上で入札講じる。レベル、他にも様々なグッズがあります。 落札したお気に入りのプレミアム家具。手元に行き着くまで、国内でもう一段があります。 納入後に立ち向かう扶養だ。 木製の家具は古い塗装、キズを省き木材の属性に合った仕上げをします。 その次に、持ち込み前にはグッズの保管をします。もっと、グッズのフィルムといった洋細をお客様に送り問題なければ持ち込みだ。 荷造りも無論、壊れやすい処は重点的に養生します。運搬中に傷まないよう、細心の期待とお世話を行った荷造りをアウトラインに施します。 届けた時折、廃材・荷造りコツ根こそぎ引き上げしてくれます。 ブローカーに一任すれば確実です. も、以前、渡欧して競売現場の感覚を頂き自分の手で入札してみたいなあといった夢が広がります。

ゴミ箱を目にしない

北欧では、リビングもキッチンもゴミ箱を目にしないそうです。 誠に一年中何時でも諦めることが出来る屑置場があります。ですから、室内に抱え込む事も無いのです。 公共の屑かなぐり捨てステージを一年中も寒気要素の時局の賜物なのでしょうか。臭いも軽いのかもしれません。 生埃は、コンポストで作製されてエコロジーに活用するそうです。 その他の屑はキッチンのシンク底などに収納して容姿は全然判らないというわけです。 も、そんなにキッチンの入庫余分は減ります。ですから、キッチンで扱うもの差し置くものは最小限に絞って入庫します。 日本の型キッチンも、こういう屑入庫種別のワゴンがついているものがあります。 もう一度安価なものでダストボックス付きダイニングボードがあります。 ゴミ箱といった入庫が、一体化した天板がタイル張りでお鍋もバナナハンガーも置けます。ゴミ箱に見えない荷物のようです。 35PLAUS Fine ¥42800 北欧味がお洒落な、木の温もりを感じる逸品です。 見た目荷物のひとつで、心から屑入庫があるは判りません。 カウンタータイプダストボックスのカウンター面はか家電も物も置くことができます。 しみじみ、ゴミ箱といった入庫荷物が一体化したものはうまいと思います。 私の住む、グランドでは屑区分けが厳しくゴミ箱の種類が沢山入用だ。いよいよシンク下に2つの屑入庫の場所を工夫してつくりました。でも依然として区分けが細く三つのダストボックスが……屑中古の気運が日本にもありますが、一年中捨てられるという北欧文化、日本にも導入されないかなあと思いました。

イタリアモダン家財

イタリアモダン家財道具素敵ですね。シンプルでありとあらゆる無駄を削いで、斬新な形。そこに漂う高級感。 新しい原材料を自在に使いこなしていらっしゃる。 配色まで簡潔。 デザイン性って実用性を兼ね備えていらっしゃる。 20世紀の中部に出来上がり、イタリアモダンは、「ネオ・モダン」とも呼ばれていらっしゃる。 イタリアの長く古いキャリアが育んできたアート俗習の大地があります。そこからモダンポップアートで活躍するメーカーも生まれたように思われます。 案の定イタリア!という感じです。 ミラノサローネ(インターナショナル家財道具エキスポ)が今年の4月14~19日光まで開催されました。30万人の客寄せでした。。 今年の主題は「ストーリーテラー(おしゃべり)」でした。 クリエイター(メーカー)という読み手(顧客)それぞれが家財道具のあるライフスタイルで、おしゃべりを紡いでゆくのかなあと想像してしまいました。 何て、知ったような事を言ってみましたが、イタリアモダンの良さが私には実感できません。 も、サッパリ「カワイイ」です。 椅子の表示をみました。よっぽどシンプルで、かわいらしく解りません。アルミニウム枠組みで座部分を心地良くするためにバッファが入っているという解説をみて驚きました。板にしかみえない平たい座部分だったからだ。 緑色の脚のちゃぶ台は食膳のうわべが凹凸のあるガラスとしてありました。いわば氷の板として掛かるみたい。上に物を置くというはらはらしそうだ。 ソファは凡人の私にもうなづける素敵な方法でした。肘置きと背もたれのシルエットが蝶々のようだから『バタフライ』といった名づけられたそうです。 テキスタイルの原材料で作ったアウトドアの腰掛けもシャレオツで、丸々単品も、ソファに組み合わせても使えるようになっていました。 もうちょっと様々なイタリアモダンに触れて好きになってみたいところです。

北欧家財道具

北欧荷物に、執念を追求すると着くものは「椅子」ではないでしょうか。 フィンランドには「はじめ脚の椅子があれば潤沢」といキーワードがあります。これは、真の本物を持っていれば、それだけで会心であり豊な暮らしであるという旨だ。 住民系デザイナーアルヴァ・アアルトという真摯な製造元らしきキーワードであり、ナショナリティーを垣間見るキーワードだ。 容易でありながら洗練されたパターンの素敵な椅子があります。 ボーエ・モーヤン<J39ダイニングチェア> 安価で良質な民衆のための椅子をテーマとしてつくられたものです。 シンプルで飽きの欠けるパターン。 アルネ・ヤコブソン<アントチェア> 伸長って座側面をはじめ枚の合板でつくり三規準を形成したナショナリズム初の椅子だ。 働き手レストランの椅子としてつくられました。軽量で積み重ねて維持行えるユーザビリティも優。 アルヴァ・ヤコブソン<スツール60> 家や施設で使われていらっしゃる。 三書籍のスツールは極限まで水泡をそぎ無くし、超シンプルなパターン。 北欧発の椅子といえば、セブンチェアーのCMは欠かせません。 座側面にない七枚の板って2枚の仕上げ板を合体措置したものです。7枚の板によるところから名前がついたのかもしれません。 パターンの素晴らしさはもちろん、健康にフィットする座り感触が優。 どんな椅子にも長く座れなかった病を有する個々がこういう椅子にだけは座れたという裏話があります。 パターンを追求するだけで、現に使ってみると今一というものは、椅子とか沢山あると思います。 また、働き手レストランの椅子にデザイン性を追求する世界中って他にあるのでしょうか? デザイン性といったユーザビリティともを兼ね備えた北欧荷物にはあらためて強いなあといった感心してしまう。

オーストリアの家具

オーストリアは言わずと知れたワインの世界ですね。「秋のワイン文化」があったり「白ワイン王国ブルゲンラント」などワイン・大会が活況だ。高額ワインの模様もあります。 こういうワイン樽による極めてユニークな遊び心一杯の家財をご紹介します。 <ビールサーバー> ワイン樽を縦に据えて、食膳が上に置いてあります。けれども、裏側からみると、大きな金属のビールサーバーが隠れていてサーバーの注ぎ口だけが食膳の上にに長く在るのです。現象などで活躍しそうですね。 <縁台食膳> 大きなワイン樽をなかばに切り、半円のわいん樽の中に縁台といった食膳を据えてものです。遊園要所の足みたいで極めて楽しそうな感じを醸していらっしゃる。 <ドアー> ワイン樽の天辺の丸っこい蓋を持ち家のハードルに張りつけました!!但し、長方形の普通のシャッターがあります。びっくりの雑貨だ。 <ワインラック> ワイン樽に脚をつけて据え置いたラックだ。樽の中間をくり抜いて作ったような、空きがあり、ワイングラスやワインボトル、アイテムを保持できます。味わい深い素敵なラックだ。 先、スワロフスキー 種類Aのシュトラッククリスタルによる、シャンデリアや灯りスタンドもおススメだ。 何よりもそんな個性的な家財を販売している方法に期待が沸きました。 ギーブ・ヘルムト様 1948カテゴリー オーストリア、ザルツブルク生まれ 誠にモーツアルトの出生の持ち家から300m離れた持ち家に生まれました。 貿易商からはじまり、国内とオーストリアを行き来するお不可欠の次第があり,有志で日本の乗客に要領渡したり、国内大使館のためにもお仕事をしたあなただ。 1986カテゴリー邦人女といった結婚。ドイツ語も日本語もも安心。

北欧気違い

動画「かもめレストラン」を観て、あまりの新鮮なおシャレさに、自分もキッチンを変えてみたいと思いました。 水色を垣根に取り入れておるだけでも北欧の佇まいが粋で素敵です。 仮に、新築やリホームを考えて要るほうが北欧信者なら、押さえておきたいポイントは、双方沢山ありますよね。 大切なのは、まず、自分の感じをきちん固めて見るイベント、続いて、おおよその価格を出して叱る。具合も大事ですがわかりやすさに後ほど困らないように遠慮もニーズだ。 垣根を白いタイルにすると、どんな物もスタイリッシュにまとまるのではないでしょうか。 おススメの北欧キッチントランクをご紹介します。 <G.A.D(護衛)> ヴィンテージ食器棚キャビネット 英国製ですが、北欧家具と相つながるものがあり結構似ています。北欧組み合わせにたっぷり使えます。たっぷりのガラス戸の内って縦変化ドアの内輪はバックミラーになっています。 キャビネットの中にグラスや食器を収納するとき、内側性も追求するのが北欧人だ。 ワイングラス個々並べるだけでも、手続きではなく、楽しんでいるのですね。 北欧キッチンの確実といえば、シェルフ DIYも人気ですね。カラフルなマグを並べたり、香味料専用にしたり。 御用達の紅茶の缶を再利用して組み合わせるだけでも「ハピネス!」という感じです。 香味料のビンは百円店舗も満載。 お揃いの付箋ステッカーを張れば良好。悪徳の付箋に白い文字にするのがシャレオツだ。 付箋のセットアップに特化したページもあります。 WORLDLABL(ワールドラベルドットコム)をお試み下さい。 揃った香味料ビンをみているとウットリ決める。

ゴシックフォーム

ゴシック体型は、がんらい12世紀初期にパリを中心にフランスで興り欧州地域へ広まりました。 荷物の取り得としては、垂直を力説。シンメトリーな形。豪華な彫刻やデコだ。 元々の歴史的なゴシック体型は、些か横に置いておいて、 今外国でも日本でも、どっか神秘で、弱化チック、デーモン方針を思わせる「ゴシック客間」をつくる方々がある。 内装の配色としては、 黒×赤や、黒×紫、黒白にクリーム彩り、赤×金額 黒×ワイン彩り 等 障壁は黒一色も可愛いし、白黒ストライプや、ダマスク上。腰障壁を附けるといった、ずいぶんゴッシック感じになります。 フロアを市松企画にするのも良いですね。 荷物は黒色が馴染で、アンテーク感じでゴシックテイストも盛り込んであります。猫脚も欠かせない因子。 ドレッサーの片隅に髑髏がのっていたり、障壁にはコウモリのデコレーションがあったり。 黒いコネクションデコレーションに薔薇のテーマが入った猫脚の紫のソファ。 シャンデリアは必須プロダクトのひとつだ。中世欧州を思わせる黒いシャンデリアには結晶ガラスもブラックスモークでまとまっていたら完璧です。 ベット部屋は、ドレッシーな悪徳競り合いのついたワイン彩りのベット補填といった枕補填において重厚霊感が生じるのではないかと思います。 ゴシックなお客間に置きたい雑貨は、黒いアイアンの障壁デコレーションや、ガラスの鉢を黒アイアンでコネクション取った雑貨書き入れ。これは取り扱うのも良し、テーブルに内装として捨て置くのも良しでだ。ゴシックツリーの装身具スタンド。ドラゴンの口におけるテレホンスタンド。デコラティブな鏡等。探せば歓迎にあうものが沢山お得に手に入りそうです。

北欧ならではの貸与

北欧ならではの流用バイタリティを発揮しているベッドがあります。 すのこをベットフレームに訴えるものです。すのこは通気性も良いだけではなくインテリとしてもお洒落を演出している。 すのこは、ベッドだけでなく、アレンジして様々な家財道具にできます。 壁に取り付けてフックを打ち、帽子やスカーフなどを掛けたりなど。 配送で「パレット」と呼ばれる木材で、車両を運ぶら用い、停車駅エアポートなどで、キャスターをつけて重宝するものです。 こういうキャスターをもちまして使って、低級テーブルにもなります。お整備の時など楽ですね。 ヴィンテージ家財道具の豊富な<Kronaクルーナ>の モダンデザインチェストベッド(コンセント付き 羊毛入りデュラテクノマットレス付き)                       116,800¥ 持ち出しが多く保全容積の多さにびっくりです。ヘッドボードは、木目もデザインも可愛らしく、ヒトがもたれやすくなっています。からくり良し設計良しの逸品です。 ベッドの上には、枕や高めのバッファに北欧味わいのファブリックを増します。 落ち着きのある大人ロゼ×グレーで格好するのはどうでしょうか。 もう一度、プラスするのが、ベット存在にチェアーをまだまだ距離を空けて置いて見ることです。そこに、ぽんという、シンプルな物品をグループ置くのも良いですね。 ベットエンディングにベンチを置いて、上にバッファや籠などを乗せます。洗練された盛装感覚があります。 北欧、ベッドというと、トーベヤンソンのムーミンに顕れる「冬眠」を思い出します。 冬になると、ムーミン物件は家財道具やシャンデリアに布をかけて、松葉をおなか満載食べ、春がくるまで各々のベッドで冬眠する。長い冬場を眠り通すのですから、たいてい寝心地の良いベッドなのでしょうね。