北欧家財道具

北欧荷物に、執念を追求すると着くものは「椅子」ではないでしょうか。 フィンランドには「はじめ脚の椅子があれば潤沢」といキーワードがあります。これは、真の本物を持っていれば、それだけで会心であり豊な暮らしであるという旨だ。 住民系デザイナーアルヴァ・アアルトという真摯な製造元らしきキーワードであり、ナショナリティーを垣間見るキーワードだ。 容易でありながら洗練されたパターンの素敵な椅子があります。 ボーエ・モーヤン<J39ダイニングチェア> 安価で良質な民衆のための椅子をテーマとしてつくられたものです。 シンプルで飽きの欠けるパターン。 アルネ・ヤコブソン<アントチェア> 伸長って座側面をはじめ枚の合板でつくり三規準を形成したナショナリズム初の椅子だ。 働き手レストランの椅子としてつくられました。軽量で積み重ねて維持行えるユーザビリティも優。 アルヴァ・ヤコブソン<スツール60> 家や施設で使われていらっしゃる。 三書籍のスツールは極限まで水泡をそぎ無くし、超シンプルなパターン。 北欧発の椅子といえば、セブンチェアーのCMは欠かせません。 座側面にない七枚の板って2枚の仕上げ板を合体措置したものです。7枚の板によるところから名前がついたのかもしれません。 パターンの素晴らしさはもちろん、健康にフィットする座り感触が優。 どんな椅子にも長く座れなかった病を有する個々がこういう椅子にだけは座れたという裏話があります。 パターンを追求するだけで、現に使ってみると今一というものは、椅子とか沢山あると思います。 また、働き手レストランの椅子にデザイン性を追求する世界中って他にあるのでしょうか? デザイン性といったユーザビリティともを兼ね備えた北欧荷物にはあらためて強いなあといった感心してしまう。

オーストリアの家具

オーストリアは言わずと知れたワインの世界ですね。「秋のワイン文化」があったり「白ワイン王国ブルゲンラント」などワイン・大会が活況だ。高額ワインの模様もあります。 こういうワイン樽による極めてユニークな遊び心一杯の家財をご紹介します。 <ビールサーバー> ワイン樽を縦に据えて、食膳が上に置いてあります。けれども、裏側からみると、大きな金属のビールサーバーが隠れていてサーバーの注ぎ口だけが食膳の上にに長く在るのです。現象などで活躍しそうですね。 <縁台食膳> 大きなワイン樽をなかばに切り、半円のわいん樽の中に縁台といった食膳を据えてものです。遊園要所の足みたいで極めて楽しそうな感じを醸していらっしゃる。 <ドアー> ワイン樽の天辺の丸っこい蓋を持ち家のハードルに張りつけました!!但し、長方形の普通のシャッターがあります。びっくりの雑貨だ。 <ワインラック> ワイン樽に脚をつけて据え置いたラックだ。樽の中間をくり抜いて作ったような、空きがあり、ワイングラスやワインボトル、アイテムを保持できます。味わい深い素敵なラックだ。 先、スワロフスキー 種類Aのシュトラッククリスタルによる、シャンデリアや灯りスタンドもおススメだ。 何よりもそんな個性的な家財を販売している方法に期待が沸きました。 ギーブ・ヘルムト様 1948カテゴリー オーストリア、ザルツブルク生まれ 誠にモーツアルトの出生の持ち家から300m離れた持ち家に生まれました。 貿易商からはじまり、国内とオーストリアを行き来するお不可欠の次第があり,有志で日本の乗客に要領渡したり、国内大使館のためにもお仕事をしたあなただ。 1986カテゴリー邦人女といった結婚。ドイツ語も日本語もも安心。

北欧気違い

動画「かもめレストラン」を観て、あまりの新鮮なおシャレさに、自分もキッチンを変えてみたいと思いました。 水色を垣根に取り入れておるだけでも北欧の佇まいが粋で素敵です。 仮に、新築やリホームを考えて要るほうが北欧信者なら、押さえておきたいポイントは、双方沢山ありますよね。 大切なのは、まず、自分の感じをきちん固めて見るイベント、続いて、おおよその価格を出して叱る。具合も大事ですがわかりやすさに後ほど困らないように遠慮もニーズだ。 垣根を白いタイルにすると、どんな物もスタイリッシュにまとまるのではないでしょうか。 おススメの北欧キッチントランクをご紹介します。 <G.A.D(護衛)> ヴィンテージ食器棚キャビネット 英国製ですが、北欧家具と相つながるものがあり結構似ています。北欧組み合わせにたっぷり使えます。たっぷりのガラス戸の内って縦変化ドアの内輪はバックミラーになっています。 キャビネットの中にグラスや食器を収納するとき、内側性も追求するのが北欧人だ。 ワイングラス個々並べるだけでも、手続きではなく、楽しんでいるのですね。 北欧キッチンの確実といえば、シェルフ DIYも人気ですね。カラフルなマグを並べたり、香味料専用にしたり。 御用達の紅茶の缶を再利用して組み合わせるだけでも「ハピネス!」という感じです。 香味料のビンは百円店舗も満載。 お揃いの付箋ステッカーを張れば良好。悪徳の付箋に白い文字にするのがシャレオツだ。 付箋のセットアップに特化したページもあります。 WORLDLABL(ワールドラベルドットコム)をお試み下さい。 揃った香味料ビンをみているとウットリ決める。

ゴシックフォーム

ゴシック体型は、がんらい12世紀初期にパリを中心にフランスで興り欧州地域へ広まりました。 荷物の取り得としては、垂直を力説。シンメトリーな形。豪華な彫刻やデコだ。 元々の歴史的なゴシック体型は、些か横に置いておいて、 今外国でも日本でも、どっか神秘で、弱化チック、デーモン方針を思わせる「ゴシック客間」をつくる方々がある。 内装の配色としては、 黒×赤や、黒×紫、黒白にクリーム彩り、赤×金額 黒×ワイン彩り 等 障壁は黒一色も可愛いし、白黒ストライプや、ダマスク上。腰障壁を附けるといった、ずいぶんゴッシック感じになります。 フロアを市松企画にするのも良いですね。 荷物は黒色が馴染で、アンテーク感じでゴシックテイストも盛り込んであります。猫脚も欠かせない因子。 ドレッサーの片隅に髑髏がのっていたり、障壁にはコウモリのデコレーションがあったり。 黒いコネクションデコレーションに薔薇のテーマが入った猫脚の紫のソファ。 シャンデリアは必須プロダクトのひとつだ。中世欧州を思わせる黒いシャンデリアには結晶ガラスもブラックスモークでまとまっていたら完璧です。 ベット部屋は、ドレッシーな悪徳競り合いのついたワイン彩りのベット補填といった枕補填において重厚霊感が生じるのではないかと思います。 ゴシックなお客間に置きたい雑貨は、黒いアイアンの障壁デコレーションや、ガラスの鉢を黒アイアンでコネクション取った雑貨書き入れ。これは取り扱うのも良し、テーブルに内装として捨て置くのも良しでだ。ゴシックツリーの装身具スタンド。ドラゴンの口におけるテレホンスタンド。デコラティブな鏡等。探せば歓迎にあうものが沢山お得に手に入りそうです。

北欧ならではの貸与

北欧ならではの流用バイタリティを発揮しているベッドがあります。 すのこをベットフレームに訴えるものです。すのこは通気性も良いだけではなくインテリとしてもお洒落を演出している。 すのこは、ベッドだけでなく、アレンジして様々な家財道具にできます。 壁に取り付けてフックを打ち、帽子やスカーフなどを掛けたりなど。 配送で「パレット」と呼ばれる木材で、車両を運ぶら用い、停車駅エアポートなどで、キャスターをつけて重宝するものです。 こういうキャスターをもちまして使って、低級テーブルにもなります。お整備の時など楽ですね。 ヴィンテージ家財道具の豊富な<Kronaクルーナ>の モダンデザインチェストベッド(コンセント付き 羊毛入りデュラテクノマットレス付き)                       116,800¥ 持ち出しが多く保全容積の多さにびっくりです。ヘッドボードは、木目もデザインも可愛らしく、ヒトがもたれやすくなっています。からくり良し設計良しの逸品です。 ベッドの上には、枕や高めのバッファに北欧味わいのファブリックを増します。 落ち着きのある大人ロゼ×グレーで格好するのはどうでしょうか。 もう一度、プラスするのが、ベット存在にチェアーをまだまだ距離を空けて置いて見ることです。そこに、ぽんという、シンプルな物品をグループ置くのも良いですね。 ベットエンディングにベンチを置いて、上にバッファや籠などを乗せます。洗練された盛装感覚があります。 北欧、ベッドというと、トーベヤンソンのムーミンに顕れる「冬眠」を思い出します。 冬になると、ムーミン物件は家財道具やシャンデリアに布をかけて、松葉をおなか満載食べ、春がくるまで各々のベッドで冬眠する。長い冬場を眠り通すのですから、たいてい寝心地の良いベッドなのでしょうね。

スイスの家具

スイスといえば、邦人にとっては、アラームとかチョコレートの名産ところ。 あとは愛らしいアルプスの自然の中で駆け回っていらっしゃる「アルプスの少女ハイジ」の連想が手強いだ。 実に、スイスのマイエンフェルトにハイジの設計となったわが家が再現されています。 なにもかも質素で素朴な木製の自作家財がありました。 一歩出先にでると、ヤギ陣が駆け回ってある。 スイスの家財は邦人にはあまり知人がありませんね。 大きく分けて二つの種類があります。 ひとつは、木製の家財。精妙な木工スキルを駆使した家財だ。 また、もうひとつは、驚いたことにアルミニウムの家財だ。 ミッドセンチュリースタイルの家財内側だ。 ミッドセンチュリーは、20世紀ミドル1940階級~1960時期のプラモデル外見だ。 代表的なデザイナーは、チャールズ&レイ・イームズ、ジョージ・ネルソンなどです。 彼等が形作り上げた内側をミッドセンチュリースタイルといった呼んだり行なう。 たとえばチャールズ&レイ・イームズのプラモデルした椅子には、こういう様式の象徴的な名作があります。 ヴィトラの存在 シェルチェア 実録付だ。 印象は椅子の脚の周辺が、エッフェル塔にそっくり。エッフェル塔の大地に踏ん張っていらっしゃる等から上にあるあの周辺だ。エッフェルベースとも呼ばれてある。 背部と座一部分はじめ体格の実録が独自。シンプルで洗練されたプラモデルだ。 ハイジの連想のせいか、メタル製の家財が発展していることに新鮮なびっくりがありますね。

北欧のモノトーン

北欧のモノトーンでまとめたお広場は、北欧の寒く白々しい冬場を追い出すのではなく、中に逆に取り込んで、お洒落を極めたかに思われます。 寒い冬場眺めは北欧のユーザーにおいて、わずか不快ものではないと思います。可愛らしいものでもあります。おんなじ雪国で育った私にはそんな風にも映るのです。 富岡惣一郎という画家は雪国への望郷内面から、雪国の光景を色々描いている。 殆どが、モノトーンだ。そこからともるのが白だ。「トミオカホワイト」と呼ばれている。 トーンは気分では意味が無いといった、某デザイナーがTVで話していました。白といった黒があって成立するのでしょうか?? なんて、こうした感傷って、北欧コーディネートはとっても結合薄いかもですが……… お広場をモノクロのクールお広場に転身させるコツは、塀は白く、そこに黒の内側や生まれ、小物を取り入れてゆきます。 目に入る大きな物を黒に決める。ソファや棚、ラグマットなどです。 そこにグレーのバッファなども取り入れます。 小物も黒に変換だ。 マリメッコの生まれも、モノトーンを選びパネルに入れてかけます。 黒のウオールステッカーは手軽にできます。 モノトーンのステッカーを小物に貼って揃えてゆくだけで総括第六感がでます。 白黒のチェックのガーランドを棚に飾ったりすると面白くなりますね。 シルバーの内側もほしいだ。一段と引き締まります。 あとは、大き目の観葉植物を置きます。できれば葉の大きな雑貨。もうできれば、モミの木が良いだ。 全体をモノトーンでまとめても、活けた生のお花や、たとえば青い地球儀などをぽんといった置き、ちょっとの温もりがあってもいいですね。

バロック格好

16世紀~18世紀初頭まで欧州に広まった方式に「バロック方式」があります。 曲線美や楕円を多く用いた鮮やかな装飾が特徴です。 ベルサイユ宮殿がその最たるものです。 ただし、やたら装飾過多で、「バロック」はベルサイユに君臨した、ルイ15世の中を嘲笑したコメントでした。 ロココメロディーは独自の方式ではなくバロック様式の片隅でしかありません。それでも、邦人にはロココと言えばお姫様、マリーアントアネットのニュアンスが激しいのではないでしょうか? ロココメロディーの代表的な住居は、マリーアントアネットが進呈された、小トリアノン宮殿だ。 繊細で洒落た形状の室内装飾はエステカルチャー改良と共につくられました。 また、ロココもルイ16世の中にたいする蔑称でした…… ただし「ロココメロディー」の荷物は大変な人気です。 <ウエストハウスギャラリー>  ベッドは天蓋尽き。オーガンジーをあしらってプリンセスの上品が漂っていらっしゃる。奥さんなら一度は憧れた筈。白にゴールドのシェルの画題が素敵です。         361,000円 ソファにはマリーアントアネットにも似合う恰好の美しい物。オールドローズ上の張場。フレームから産地まで選り抜き。熟練の職人の目視で築き上げました。        429000円 それには、猫脚のエレガントな中部客席を会わせたいですね。   102000円 食膳にも、猫脚が必須。ピンク色ベージュの上品な輪郭の客席だ。                                    172000円 ローズクオーツの装飾を施したキャビネットはどうでしょう。ローズクオーツは、至福の石であり、夫人を輝かせる思いの丈ストーンだ。素晴らしいローズクオーツをとことん施した逸品です。                                     434000円 ロココメロディーの荷物は、年齢を問わず、女性には割り切れるのではないでしょうか。 以前一度、ベルサイユ宮殿を観戦したいものです。 時時、当時の貴婦人陣の幽霊が現れるのだそうです。わずかこわいけど見てもいいかなあと思います。

沢山のキャンドル

北欧とか、寒い世の中には、今でも薪ストーブが販売されています。 友人のホールにもあり、ポトフのお鍋を置いて温めていました。 19世紀を舞台にした、モンゴメリ作品の「赤毛のアン」関連も、薪ストーブがキッチンにあり、煮たり焼いたりの云わば瓦斯ちゃぶ台の役を果たしています。 現在もそのように並べるほうがいるのかしばしば判りませんが、これは調理するだけでなく、暖房効果もあります。 暖炉よりも効率よくおホール全体を暖めてくれます。 一年に先ずお邪魔する友人の別荘は山奥なので夏場も夜には冷えるので薪を入れます。 ゆらゆらぶれる炎を眺めていると、ほっこり感情になれます。 また、北欧では、コンパクトでモダンな暖炉がリビングの一部におけるお宅も多いそうです。 北に位置する私の家では、先祖がホールの隈にタイル張りのストーブエリアをつくりました。ふと暖炉くさいだ(笑) 北欧の冬季ではワンデイ3チャンスしかお天道様が射さない時分もあります。 厳しい冬季を乗り越えるお客様において、明りは洗練された電灯機具のみではないようです。 灯りを大切にする北欧の人々は、現在でもディナーのちゃぶ台にキャンドルを灯すのが普段だ。 年令でもなく、クリスマスでもなく、食堂でもなく、普通にキャンドルが身の回りの七つ道具になっているそいうのも甚だしく妬ましいだ。 沢山のキャンドルをランダムに置いてみたりも素敵です。 木の切り株の中間をくり抜いたユニークなキャンドルも売られています。 iitala(イッタラ)のKASTEHELMIのキャンドルホルダーはなかなか夢想的キャンドルの輝きを楽しめます。「ミストの雫」についてを保ち、ガラスに雫がデザインされています。軟弱ドット上の輝きだ。キャンドルホルダーでもあり、ガラスの器としても使えます。

お姫様部屋

日本では「お姫様部屋」をつくる女児陣がいっぱいある。店頭には、家財内装も代物も充実しています。 ただし、誠に、お姫様部屋のソースは、16世紀~18世紀当初欧州に広まったバロック進め方だ。曲り目や楕円を手広く用いて豪華絢爛なデコが特徴です。ベルサイユ宮殿がこういう進め方として全然有名です。 おばさんなら、一度は、幼い頃に『姫になってみたい』という志望を抱いた想い出があるハズ。 大人になっても「お姫様部屋」の主になれば、実現可能ですよね。  リーズナブルなお姫家財内装がたくさんあります。 天蓋付きお姫様ベッド。競り合いカーテンは、些かたるませて、四つのベッド支柱に絞って留めた様式は、現実離れしてビデオの中の付きみたいです。   ベット補充には、長目の共生会社フリルにクラシカルムードのチュールレースを重ねたものが素敵です。 シンプルな無地上に贅沢な競り合いをあしらって。 枕補充もフリル&競り合い。綺麗感覚のあるピュアホワイトが甘すぎない大人のベッルームを演出して貰える。眠っているのも清楚な姫のニュアンスですね。   グレイッシュなホワイトフレームのアンテーク製造をほどこしたクラシカルなソファー。スプリングの効いた座りインプレッションの良さも有用。 お揃いの一人掛けの椅子とプチスツールを組み合わせれば、脚を伸ばして寛ぐ姫に。                        こういうソファに置いてみたいバッファがあります。ローズバッファは意外とローズの花び      場合を形作ってある。お周囲がゲームに来て発見したら、何コレ!!と言いみたい。    また、ふわりローズラグは立体感覚のある薔薇がテーマで、散りばめた淡いピンクの薔薇がエレガントなラグ。目に入る面積の多いものを変えるとお部屋も大変身ですね。 スクエアだけでなく、丸部門や楕円もあります。               未だ雑貨を付け足して自分だけの「お姫様部屋」完成させて下さい。